スマートハウス・ZEH

「スマートハウス」や「ZEH」という言葉を聞いたことがありますか?近年、大手住宅メーカーのCMや折込広告などでよく目にするようになりました。簡単にいうと、省エネ性の高いシステムを導入している住宅の事をさしています。原発稼働減少による電気代の高騰や、地球温暖化対策として今後ますます普及していくと予想されています。

スマートハウスとは

さまざまな情報技術を活用して、家庭内の電力をネットワークで管理しエネルギー消費を制御した住宅のことをいいます。以前は、省エネと言えば夏場のエアコンの温度を上げたり地道な努力を必要としていましたが、太陽光発電システムやHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)等を活用することで、効率よく消費電力を管理できるようになります。家庭内のエネルギー消費を各ご家庭で管理できるシステムです。

 

20150604-2

ZEHとは

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、通称「ゼッチ」と呼ばれています。ZEHは1年間の消費エネルギーよりも住宅で創ったエネルギーの方が多い、もしくは差がゼロになる住宅のことをそう呼びます。スマートハウスでエネルギーを省エネするだけでなく、ご家庭でエネルギーを創り出すことで±0にしようという住宅です。つまりスマートハウスよりも創エネルギー量が大く、省エネ性も高い住宅といえます。

 

20150604-1

電気を買わない時代がやってくる…??

太陽光発電システムで電力を創り出し、昼間は太陽光発電で創った電気を使用する。余った電力は蓄電池システムにためて、夜間に使用する。さらに消費電力を抑えるためにHEMSを使ってエネルギー消費をコントロールをする。

「自分の家のエネルギーは自分のうちでまかなう」

そんな時代が未来ではなく、現実になってきています。

 

 

太陽光発電システム
ページ上部へ戻る

Copyright(c) 2012 - 池戸電気株式会社